Monday, September 24, 2007

Joe Strummer

土曜日。松っちゃんとジョー・ストラマーの生涯を描いたドキュメンタリー『London Calling ライフ・オブ・ジョー・ストラマー(Joe Strummer: The Future Is Unwritten』を観に行く。8時半からのレイトショーなので、天満へ寄ってメキシコ料理のQue Ricoで、鳥を丸焼きしたものを、トルティージャ包んでビール片手に腹ごしらえ。久しぶりのメキシカン。天満のエスニック街の中にある屋台のような店で、軽く酔っぱらって至福な気分。
歩いて梅田まで戻り、テアトル梅田での上映。初日だったからか、驚いたことに指定席は売り切れ。立ち見での鑑賞だった。現か元だか分からないけれど、それなりの年齢の、革ジャンに身を包んだパンクスの姿がちらほら混じっている。
映画は、予想よりずっと面白かった。だいたいロックスターの生涯を描いた映画は、それほど興味を惹かないものだと思っていたが、首にしたりされたり、人間関係の愛憎が激しかったクラッシュというバンドができて、潰れていく様や、売れれば売れるほど、言っていることとやっていることの矛盾が激しくなって、最後のアメリカツアーでは、奇妙な虚無感が漂って、舞台にいるのは、脂肪のついたたんなる4人の中年男となっているのが、無惨だった。
すべてを失って、苦しい10年を乗り越えた後、ストラマーがメスカレロスを始めた頃の、人間として一回り大きくなった落ち着きと、静謐さに満ちた人生が感動的だ。彼の人生が、クラッシュで売れているときでさえ、闘いの連続で、自分でも何かが欠けているのだけれど、それが何だか分からないまま一生を過ごしてきて、やっとこれだったんだと分かったような瞬間だった。
ぼく自身、パンクの影響を受けて成長し、今ここにいる。ぼくが何を忘れてしまっているか。それを再確認し、背筋を正し直した、そんな夜だった。

3 comments:

mDA said...

> メキシコ料理のQue Rico

僕んち、すぐそばなんですよ。
このお店にもよく行きます。
鳥の丸焼きうまい。

ていうか、ここ最近の夜の天満市場はすごくおもしろいですよ。
どこも安くてうまいし、変な活気のある場所ですよね。

Takeshi Inoue said...

おはよー。

そうそう。たしかこの辺に住んでるって、
話しながら歩いてた。

ケリコ。初めてだったけどめちゃくちゃうまかった。メニュー見て、色々迷っちゃったんだけど、定番ということで。
また探索したいなぁ。

machan said...

どうも
松ちゃんです。

天満抜群でしたね。
あんなにおもしろい所あるんやって思いました。
また行きましょう。