Thursday, June 28, 2007

temblar(7)game over

また怪我。昨日仕事を終えて、立ち上がって帰ろうとすると、左のふくらはぎがピリッとする。こむらがえりのような感覚がどんどんひどくなって歩くのも困難に。自転車はなんとかこげるので、なんとか家に帰ってコーディネーターに連絡して代わりを捜してもらう。一晩たっても痛みは変わらず。むしろひどくなっているようなくらい。整骨院に通うこと自体がかなり困難なほど。今年はほんとにあちこちよく痛める。なんとかだましだまし堪えてやってきたけれど、なんか限界。ゲーム・オーバーな感じ。ずっと抱えてきた孤独感がほとんど病的なくらいに高まってくる。
録ったままおいておいたカサベテスの『オープニング・ナイト』見る。ジーナ・ローランドの主演。人気女優が、年を取っていくことへの不安と混乱。


ぼく自身の中で起こったことを(思い出して、思い出して、思い出して)、きみに語りながら、たくさん書いてしまいましたが(休むことなくこの古いPower Bookのキーボードを叩くことしかしなかった)、でもきみには、この”私の人生の映画”のことを考えるのを止められなかった(そしてまた、ぼくの人生でこんなに書いたのは初めてだった)とだけ言えばじゅうぶんのような気がします。きみが悪いんですよ。反射的に、ぼくは記憶の中でぼくの映画をふたたび見始めていました。ただそれだけにでも、きみに感謝します。きみに借りができました。
 ここに、映画の一部があります。これで、ぼくの幼少期の前半です。ぼくのスペイン語の下には、おそらくたくさんの英語があるでしょう;成人のぼくの下にも、おもらくたくさんの子供がいるのだと思います。
 別メールで添付して、残りを送ります。
 では。
 Best and thanks.
―ベルトラン S.


アルベルト・フゲーは『私の人生の映画』で、自分の幼年時代と和解するのだけれど、ぼくはどうだろう?

1 comment:

Rodrigo said...

Oi, achei teu blog pelo google tá bem interessante gostei desse post. Quando der dá uma passada pelo meu blog, é sobre camisetas personalizadas, mostra passo a passo como criar uma camiseta personalizada bem maneira. Até mais.