Monday, April 16, 2007

あばよ、IMF

ベネズエラが、2012年までの予定だった国際通貨基金世界銀行からの融資を前倒しで完済したと発表しました。これで、利子分800万ドルが、節約されたとのことです。<BBC Mundo>
財務大臣は、この二つの組織に「チャオ」といったあと、「ベネズエラは自由だ。すべてのベネズエラ人もこれから生まれてくる子供たちも、このアメリカのタカ派に牛耳られた組織から一銭の借りもない」と述べました。
さらに、ベネズエラとアルゼンチン、エクアドル、ボリビアが中心になって、南米の発展のために融資する「南米銀行」を創設する準備を進めてもいます。最新のニュースでは、この中にブラジルも入る予定です。
石油を国営にしたあがりで払っちゃったんだと思いますが、逆に考えると民営化を進めること自体が、借金漬けにすることだったということなんでしょうか。南米はどんどん北米依存から自立しています。一時代昔の、「裏庭」と呼ばれた事が嘘のようです。
タカ派と名指しされたのは、世銀総裁のこの人だろうけれど、恋人を厚遇したとして辞任を迫られている。
人生に盛衰があるのは誰でも同じ。

2 comments:

みーぽん said...

わお。チャベスカッコ良すぎ、というか言うことが役者ですね。
こうして基軸通貨としてのドルが徐々に徐々に地盤沈下していくんですねー。
これからの中南米にはわたしも注目しています。

Takeshi Inoue said...

こんばんはー。
チャベス、かっこいいですねぇ。
アメリカ(合衆国)は、確実に黄昏に向かっているんですけど、民主党に政権が代わるとまた潮目が少し変わったりもするんでしょうか。