Wednesday, April 18, 2007

The Honeymoon Killers


ヴァージニアやら長崎やら色んなところで人がごろごろ殺されて、日記を付けていてそんなことも加えて書いていると、昨日が新月だったことに気づく。ぼくは信仰心が厚いから、大きなものの力を信じている。月のない日の人の不安はどんなだろう。みんな日常の細々したことですっかり忘れてしまっているけれど、おそらくそれは相当なものなんだと思う。月の魔力でおかしくなってしまった人を見ると、昔よく聞いた。エコー&バニーメンのこんな曲を思い出した。
懐メロ連想で、そういえばHoneymoon Killersなんていうバンドもあったな。と、Youtubeを検索してみるとあった。当時夢中だったベルギーのクラムドというレーベルからリリースされたLPは何回聞いたか分からないくらい。当時は、このLPと数少ない雑誌だけが情報源だった。何人かのクラムドのアーティストが来日はしたけれど、こんな映像がこんな簡単に見れてしまうのはやはり隔世の感といっていいだろう。この1983年のライブは、ポスト・パンクの匂いがぷんぷんのめちゃくちゃかっこいいライブ。
ベルギーという、ここにいればほとんどイメージすら湧かない国にしてこの国際的なアーティストたち。しかし、考えたらブリュッセルは、いまやECの本拠地でもある。