Thursday, December 13, 2007

Borderland

チェックアウト。チェックインしたときの、このホテルの責任者らしい女性は、「ご利用いただきありがとうございました」のような意味のことを英語で言ったと思う。
歩いて、再びグレイハウンドのバスターミナルへ。ホテルのロビーから持って行ったエルパソ・タイムスをパラパラめくりながら、国境を越えるバスを待っていると、この地域のニュースの頁が出てきた。"Borderland"、なんという香しい響き。小一時間待ってバスに乗り込む。乗客はぼくの他数人しかいない。運転手は白人系で長身、マッカーサータイプのサングラスをしている。動き出すとすぐに音楽が鳴って、それはノルテーニョだった。すでにメキシコに入った安心感。昨日は手前までしか行かなかった橋を、バスに乗ったまま、向こうの方まで見わたす。
税関に着いて問題なく通過して、他の乗客がバスに戻るのにつられて再びバスに乗ると、バスは動き出す。ふと考えると入管を通ってなかった。他の乗客は皆メキシコ人だから、入管には用がなかっただけだった。
運転手に、「イミグレはもう過ぎたの?」と訊くと「そうだ」と答える。「ぼくは日本人だからイミグレ通らないとだめなんだよ」と言っても、さあねって顔。とうとうフアレスのバスターミナルまで行ってしまった。
しかたなく、再びタクシーで国境まで。ホルヘという運転手が案内して連れていってくれて、パスポートにスタンプを押してもらってツーリストカードをもらう。さらに再びバスターミナルへ戻ると、サカテカス行きのバスは10分後に出るという。とても暖かい日でTシャツになりたいくらい。またメキシコへ来たという感慨に浸る間もなくバスに乗り込んだ。

2 comments:

かさぶらんか said...

いま「BABEL」を観ています、ノルテーニョね? あっ!メキシコだって音楽で直感(笑)映画はSan Ysidrokaから車で入るのですがなんかドキドキしますね~。

マッカーサー風のサングラスってRAYBANね?メタルティアドロップ昔憧れて掛けてました。なにに憧れてたんだろ?笑。

Takeshi Inoue said...

こんばんは~。
バベル、レンタル始まったですよね。
ぼくは公開日に観たです。メキシコのシーンは予想範囲内で、東京のところが新鮮
でよかったような気がします。
ガルシア・ベルナウがどんどん
おかしくなってくとこが怖かったですね☆