Monday, September 22, 2008

コミックオペラ

久しぶりに詩を作った。何年ぶりっていうくらい。ひょっとして10年とか。コスタリカからパナマへ行ったときの、もわっとした感覚を置いておこうと思って、帰ってからずっと書きたかったんだけれど、やっとできた。久しぶりなので、新しいものが入るかと、自分ではもう少し期待していたけれど、実際は昔仕込んだ芸からあんまり出てないなぁって感じ。がんばってまた違ったスタイルを発明しよう。


     コミックオペラ

ルイースが身体を折りたたんで抱えられ、
そのバンの座席に腰をおろした。
さようなら!また会いましょう!
バンは去って、私たちが見たこともない、彼の、小さな
町へ帰るだろう。街角の雑貨屋の鉄格子の陰から
誰かが私たちを眺めている。San Vito,聖人の町。
Saint Vitus de Lucania:
その守護聖人のために皆狂ったように
踊り明かすのだという。脳性麻痺の、
不随意運動みたい、私の舞踏病
の姉さんみたい、

そしてラリーが運転する車で私たちは、パナマへの
小道(sendero)を行く。砂利道をしばし。それから、
停まった。

ラリーが、ノリエガ顔の国境警備兵と話す声が
漏れてきて、「ここはチリキ県で...」と聞こえる。

長く外国で歌ってきたルベンが、
ようやくパナマへ帰ってきて、これからは
この土地のために歌うだろうと、宣言した曲で、
彼が、「チリキ!」と呼びかけた声が、
ふっと二重になってよぎっていった。
(Chiriqui!)           ああ、私のチリキ、




(そうして私たちは無事にパナマに潜入したのだ。)
私たちの行程はまるで、
旅芸人の記録だ。
町から町へ移って、興行を
打つ。国境を越えるたびに
何度「あなたたちは家族(familia)ですか?」と
訊かれたことか。"¿Quién es papa?"、いったい誰が
お父さんなんですか?
いいえ、私たちは家族なんかじゃ。
私たちは一座 (una compañía)、
町から町へ移って、芸を披露
する。シロッコの吹くあの町で、小銭を集めて回って
いたのも私たち。そう、たしかに私たち。

私たちの小さな音楽つきの芝居。
コミックオペラ。いつものように男と女。
(追っ手はまだ来ない)。
しっかりこっちを見て。嘘はつかないでね。
(なんとたくさんの履行されなかった約束の数々)。
いったいどうしたらいいのかしら。
もう一度あなたを愛したら?
あなたがそうしているように?
愛する?
(行くべきか、戻るべきか...。)
そう、愛してみる。


1950年代に入植したイタリア人たち。
(私たちはふたたびサン・ビートにいる)
そのとき持ち込まれた
ピザ・ハウスのレシピ。
私たちのピザの夕食。
コーヒーを飲みながらお喋りをしていると、
コンザレスさんの家族が、
誕生日用のケーキをたくさん、
車に積んで帰った。
お母さんの後を、子供たちがついてゆく。
ラリーの別れたパナマ人の女房。
カルロスはニカラグア人の女に逃げられた。
ピピッと、ラリーが車を開ける音がした。
さようなら、
またあした。

(so many promises broken....)
人生はすべて、コミックオペラのようだ。






(大好きなKに)

1 comment:

runrun said...

『いいえ、私たちは家族なんかじゃ。』
ってフレーズが、たまんなくって、たまんなくって。
金属バットで鉄棒を思いっきり殴った時のような痺れがきた。体を一巡りして地面へと。

たまんない。

10年ぶりかもしれないっていう詩、たまんなi!!

『オペラ・コミック』『カルメン』なんて言葉を調べてから読み返したらinoueさんの言う『もわっ』とした感じが、かなりわかった気がした。

千切られた契りがひらひらと舞いしきる舞台で、裏/恨めしくも裏切られる裏付けのない契り契って千切られた…

xxx

人生花舞台。
関係ないけど、このあいだ、inoueさんが阪急十三駅徒歩3分有名お好み焼き店で遭遇したという、
「サラリーマンの会話って、なんで、あんなに、サラリーマンの会話なん?」
ってエピソードを、思いだしました。
芝居(演技)が大きいほどそれは喜劇に近づく。